良く耳にするイタリアンレザーとは何なのでしょうか

革(レザー)が文化として深く根付いている国イタリア。
数千年前から文化として根付き日本で言う

着物文化

みたいなものでしょうか。

着物は現在では衰退傾向にありますが

イタリアトスカーナ

こちらには動物の皮を、製品となる革へ鞣す工場が集結してるんですね
皮⇒製品化されるための処理がされていない生の革
革⇒製品化するために鞣された革

イタリアンレザーの一番の特徴である

日本をはじめ北米、アジア圏では作り出すことができない
色の種類、発色が良く、または深く渋い色合いを持っているのです。

イタリアは1000年も続くバケッタ製法(今では数少なくなっている伝統的製法)を守り続けています。
国をかけて革への取り組みも積極的で、世界でも唯一ベジタブルタンニン100%でなめしたことを認定する機関が唯一存在していつのです。

バケッタ製法

バケッタ製法は、植物タンニンで鞣した牛革に牛脚油(すね骨や無蹄足を煮沸して採取した100%ピュアなオイル)でたっぷりと時間をかけて加脂し使い込んだ時に独特の光沢と、一旦加脂したオイルが抜けにくいのが特徴です。
バケッタ製法でつくられた革は使うほど美しい光沢と、クッタリとした革の経年変化を堪能できます。

イタリアタンナーのこだわり

イタリアのタンナー(革を作る工房)として有名なトスカーナ地方では、数千社のタンナーがひしめき合っており、誠意をもった革作りをしています。
このタンナーは時間とコストが掛かることを承知の上で、高品質な革作りのために必要なレシピを使用すると言う明確なコンセプトの基にモノ作りをしている世界的にも希少なタンナーの一つです。

実際に使ってみるとその違いが一目瞭然です。

日本の皮革との大きな違い

イタリアの牛は、広大な敷地の中で自由に遊ばせ、ストレスを与えることなく上質な原皮を作り出すことが、作り方として日本の皮革と大きく違う部分です。
牛の部位によって「なめし」方を変えたりするなど、こだわりに溢れています。

ちょくちょく出てくる

なめしとは(鞣し)

なめしは、皮から革へと変化を遂げる大切な工程のこと。一般的に「革」と呼ばれるものは、なめし工程が行われた後の状態を指し、「皮」というのは、なめし工程が行われている原皮の状態を指します
なめしの漢字”鞣し”は革を柔らかくすると読むことができます。なめしの歴史は人類が誕生する頃にまでさかのぼる方式で、腐敗などの劣化を抑え、財布などの普段使いにも使用できるよう、強度としなやかさに優れた素材となります。

ものすごく簡単にまとめると

まずは自分自身が使っていて一番思うことは発色のよさが全然違う。

色がはっきりしていて明るいのです。

これはタンニン鞣し(ヌメ革)の中ではかなり希少だし革の問屋さんに行ってもやはり稀です。

続いて表面の質感が滑らかです

これってすごく重要な事で滑らかさがあることで肌ざわりがすごく気持ちいいので。

『その分、愛着が沸いてきて、長くずっと使いたくなるんです』

イタリアンレザー以外の革を使いたくなくなってしまう方が続出中です

Blunoのブランドコンセプトでもあります。

良いものを長く大切に使って頂く

利益を度外視して、こだわり続け

最高な革だけを世に送り込むイタリアンレザータンナーの姿勢!

その姿勢も実力や自信があるからできることであって

実際に作り手の自分が使いたいと思っているのが事実。

素晴らしい!

ただ、

最後に言いたいことが一つだけ

これは本当にしょうがない事なんですけど

『革が高い』

これは輸送費もかからるししょうがないこと。

ふと思うことがあったりするのですがそんなときはトスカーナのタンナーさんが働いている姿をう思い浮かべています(*^^*)

関連記事

  1. 初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革包丁~

    2018.04.17

    初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革…

    こんにちは。Blunoのunoです。自分がレ…

    初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革包丁~
  2. F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です

    2018.04.13

    F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です

    こんにちは。Blunoのunoです毎回制作中の状況を写真に収めるようにしているのです…

    F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です
  3. 真鍮の金具を選ぶ理由

    2018.04.7

    真鍮の金具を選ぶ理由

    レザー製品を制作していると必ず”金具”が必要になる場面に出くわす。例えばショルダーバックのストラ…

    真鍮の金具を選ぶ理由
  4. Blunoで採用している ”手縫い” の特徴

    2018.04.6

    Blunoで採用している ”手縫い” の特徴

    こんにちは。Blunoのunoです。今日はBlunoで採用しています手縫いについて…

    Blunoで採用している ”手縫い” の特徴
PAGE TOP