こんにちは。

Blunoのunoです。

今日はBlunoで採用しています手縫いについて

少しご紹介です。

手縫いと言っても縫うためには

糸・針・菱目打ち・接着剤

等々必要な道具もいっぱいありまして

事細かく書いてしまうと日が暮れてしまいますのでお伝えしたい部分だけ。

毎度文章力がなく文脈が読みずらいかもしれませんのでご承知ください。

商品に与える印象・耐久性をも左右する糸について

 

糸として使用される代表的なものとして麻糸、化学繊維系糸、シニュー糸

等々あるわけですがBlunoが採用しているものは化学繊維系の糸です。

その理由① 強度が抜群に強い

理由② 縫い目がきれいに収まる

これは現代の技術進化の賜物でしょう。

麻糸を長い期間使用した場合にどこかに糸のほつれが出てくる可能性がかなり高くなります。

その可能性を減らしてくれるのがこの化学繊維系の糸

この意見が正解かどうかは分かりません。

あくまでも個人の経験による意見の一つです。

 

 

だからといって決して麻糸が弱い訳ではなく、勿論優れている点もあるんですよ!

これ以上書くと収拾がつかなくなるのでこのあたりでやめておきます。

要は

何をとるかなんです。

ブランドコンセプトとを考えると必然的に糸の選択はできました。

化学繊維系糸は現代の技術進化から

強度増

商品を長持ちさせることにつながるのです。

手縫いとミシン縫いの違い

普段行っている手縫いの技法はサドルステッチ、エルメス縫いなど呼び方があります
これは元々馬具を作る際に使われていた縫い方なのです。

あまりピンとこないかもしれませんが

 

馬具を縫うということを考えてみると

もし乗馬中に糸が切れてしまうと落馬などの事故にも繋がる危険があり命を落としかねないですね
その為とにかく丈夫な縫い目を作る必要があります

馬具メーカーとしてスタートしたエルメス

”エルメス”縫い

エルメスも元々は馬具メーカーとしてスタートしたブランドなので
ケリーバックを初めとする高級カバンなどは未だに手縫いで縫われています。
そうなのです。
ブランド力に雲泥の差があり笑われてしまうし

すごく恥ずかしいのですが

エルメス同等に実は強度を保持できてます。

エルメスケリーバック=100万超

Bluno =(笑)

 

 

ブランド力ってすさまじいです(*^^*)

 

 

さて本題です

 

「ミシン縫いじゃダメなの?」

 

と思われてしまうかもしれませんね。

馬具の様に命の危険に関わる様な物で無い限り、ミシン縫いでも十分な強度は保てます。

日常でお使い頂く分に問題はないのです。

今、世の中に出回っている革製品の95%以上はミシンで縫われた物でしょうし。

しかし、ミシン縫いの場合一ヶ所ほつれてしまうと命取りそこから連鎖してほつれが広がります。

よく衣類などで経験したことはないですか?それと同じ理論です。

手縫いの場合は上糸と下糸が絡み合って縫われているため

ミシン縫いのように連鎖して広がるのを最小限に抑えることが可能なのです。

これが馬具に採用された縫い方の特徴です.

後はさっきのミシン縫い95%の中に入ったところで、数ある商品の中に埋もれてしまうのが目に見えてます。

個人でやっている以上資金力もましてや広告費なんてものは企業の様にはいかないですから。

 

長々と真面目に書いてしまいました。

人間色々な価値観や物の見方がありますのですべてを分かり合えるとは思っていませんが

少しでも手縫いについて知ってもらえると嬉しいです。
また次の機会に糸による見え方の違いなんかもご紹介していきたいと思います。
イタリアンレザーを使用する理由についてはこちら
真鍮金具を使用する理由はこちら

関連記事

  1. 真鍮の金具を選ぶ理由

    2018.04.7

    真鍮の金具を選ぶ理由

    レザー製品を制作していると必ず”金具”が必要になる場面に出くわす。例えばショルダーバックのストラ…

    真鍮の金具を選ぶ理由
  2. Blunoで使用しているイタリアンレザーについて

    2018.04.5

    Blunoで使用しているイタリアンレザーについて

    良く耳にするイタリアンレザーとは何なのでしょうか革(レザー)が文化として深く根付いている国イタリ…

    Blunoで使用しているイタリアンレザーについて
  3. 初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革包丁~

    2018.04.17

    初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革…

    こんにちは。Blunoのunoです。自分がレ…

    初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革包丁~
  4. F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です

    2018.04.13

    F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です

    こんにちは。Blunoのunoです毎回制作中の状況を写真に収めるようにしているのです…

    F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です
PAGE TOP