レザー製品を制作していると必ず”金具”が必要になる場面に出くわす。

例えばショルダーバックのストラップや財布のふたのホックなど、使用する場面は多様なのです。

「真鍮」という素材ご存知でしたか?

私はレザークラフトを始めるまで全く真鍮という素材について知りませんでした。

ビンテージっぽく控えめな光り方をして、家具や建材にも多く使用されることが多い金属です。更にお手入れ方法なんてのは知るわけありませんでした。

真鍮素材の特徴①

古くなるほどに、ゆっくり少しずつ変化するという特性

金属というと硬く冷たいイメージがありますが人の手が加わり日常的に使用していくと

なぜか温もりを感じられるという不思議な側面があるのです。

それが真鍮素材。

「真鍮」と、辞書を引くと

「銅と亜鉛の合金。黄銅(こうどう、おうどう)のこと」とあり、おおよそ6:4の割合を基準に、求める特性によりバランスや添加物を調整する

とある。

耐久性の証明

真鍮は、腐食しにくく、加工しやすいという特性があるため太古から建築、造船、家具など様々な分野で使用されてきました。素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史があります。

そう。

私達の一番身近にある真鍮製のものでかなりの代表作があるのです。

「5円玉」です。

ピカピカの硬貨もあれば、昭和○○年

長い年月を経て黒光が増したものもあります。

この例からわかるように真鍮は
腐食しにくい一方で使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て馴染んでいく

素材なのです。

手入れするとまたまた復活

真鍮は、手垢や黒ずみが気になるかな?という時、元の輝きを取り戻すためには、市販の金属研磨剤(メタルポリッシュ等)や磨き布などで磨けば、元の輝きを取り戻すことができます。ただ、人の手で触ることで表面の光が鈍くなるのは、それはそれで味わい深いですし、研磨剤は表面を削ることにもなりますので、普段はさっと布で拭く程度でもOKです。

「消耗」ではなく「味わい」への結びつき

どんなものでも長く愛用すると物自体はどうしても少しずつ古くなっていきます。

しかし

真鍮の不思議なところは「古くなる」ことが「消耗」に結びつくもの

ではなく「味わい」に結びつくものになるのかなと。

古いもの、経年変化

時を経てもなお変わらぬ素材の味わいがある。

それが真鍮の魅力なのかと思います。

Blunoの詳しい内容について

当店のイタリアンレザーについてはこちら

手縫いについてはこちら

関連記事

  1. Blunoで採用している ”手縫い” の特徴

    2018.04.6

    Blunoで採用している ”手縫い” の特徴

    こんにちは。Blunoのunoです。今日はBlunoで採用しています手縫いについて…

    Blunoで採用している ”手縫い” の特徴
  2. Blunoで使用しているイタリアンレザーについて

    2018.04.5

    Blunoで使用しているイタリアンレザーについて

    良く耳にするイタリアンレザーとは何なのでしょうか革(レザー)が文化として深く根付いている国イタリ…

    Blunoで使用しているイタリアンレザーについて
  3. F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です

    2018.04.13

    F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です

    こんにちは。Blunoのunoです毎回制作中の状況を写真に収めるようにしているのです…

    F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です
  4. 初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革包丁~

    2018.04.17

    初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革…

    こんにちは。Blunoのunoです。自分がレ…

    初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革包丁~
PAGE TOP