こんにちは。

Blunoのunoです

毎回制作中の状況を写真に収めるようにしているのですが、今回も又、撮り忘れてしまいました。

癖づくまでどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

ブログを書くこともまだ慣れておらずで、新しい事を初めことは早く慣れたいものです。

革の切り出し

 

まずは型紙から革を実際に切り出す作業です。

1人のため切り出し風景はさすがに撮影できないのですが

切り出したパーツたちを並べるとこんな感じになりました

長財布となるとパーツも多いのでかなり時間かかっちゃうのです。

そろそろ刃型が必要になってくるころでしょうか

革を漉く

 

各パーツ事にそれぞれ役割があって、その役割にに合わせて一つずつ革の厚みを調整(革を漉く)していきます

既製品は調整されていないものがほぼほぼですが自分は必ず行います。

完成品の見栄え、扱いやすさが微妙に違うのですね。

パーツの張り合わせ

 

革用接着剤でそれぞれ張り合わせていきます。

張り合わせたら専用工具 “菱目打ち”で

縫い穴をあけてから手縫いをしていきます。

 

実はこの”手縫い”作業が作業工程の中で時間で好きなんです。一点を見つめる作業なので、縫い始めてすぐに無心になって気づいたら縫い終わります。

逆に縫っていても集中できない事がたまにあるのですが、その時は考え事をしていたり邪念が頭に浮かんでいる時なので失敗しないよう要注意です。

一点集中で縫い進めていきます

順番前後してしまいますが菱目打ちであけた穴を菱ギリで貫通させます

マチを一つずつ縫い付けて

少しずつ組み立てて

ホック部分を縫い付けて

完成です!!

カード12枚

マチ有り収納2か所

マチなし収納2か所

スマホも入ります

合計で紙幣サイズの収納箇所が2+2の4か所ありますのでかなり容量は入るほうの財布です

大分走った内容ではありましたが

こんな流れで完成していきます。

 

分かりずらい写真と文章ですいません。

次回は写真もしっかり準備します!

もう少しでお届けられる状態ですので、F様もうしばらくお待ちください。

長く大切に使って頂けると嬉しいです。

 

 

 

Blunoで使っているイタリアンレザーについてはこちら

手縫いについてはこちら

使用している金具についてはこちら

関連記事

  1. Blunoで使用しているイタリアンレザーについて

    2018.04.5

    Blunoで使用しているイタリアンレザーについて

    良く耳にするイタリアンレザーとは何なのでしょうか革(レザー)が文化として深く根付いている国イタリ…

    Blunoで使用しているイタリアンレザーについて
  2. 初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革包丁~

    2018.04.17

    初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革…

    こんにちは。Blunoのunoです。自分がレ…

    初心者の方でも簡単に「レザークラフト」を始めるための道具をご紹介 ~革包丁~
  3. 真鍮の金具を選ぶ理由

    2018.04.7

    真鍮の金具を選ぶ理由

    レザー製品を制作していると必ず”金具”が必要になる場面に出くわす。例えばショルダーバックのストラ…

    真鍮の金具を選ぶ理由
  4. Blunoで採用している ”手縫い” の特徴

    2018.04.6

    Blunoで採用している ”手縫い” の特徴

    こんにちは。Blunoのunoです。今日はBlunoで採用しています手縫いについて…

    Blunoで採用している ”手縫い” の特徴
PAGE TOP