こんにちは。

Blunoのunoです。

自分がレザークラフトを始めてから早10年がたとうとしています。

そこで今回、初めての方でもこの道具さえあれば”最低限のモノ”は制作できるようにレザークラフトを始めようとしている方、初心者の方でも必ず必要となる道具をゆっくりとご紹介していこうと思います。

まずは今回、革包丁について書こうと思います。

 

実は簡単で始めやすいレザークラフト

 

私が始めたきっかけはあるお店に出向いたときに革製品を見た時

「自分でも作れるんじゃない?」と思い最初にペンケースを作ったのがすべてのきっかけです。わりとどんなことでも軽い気持ちで始めてしまう性格なんです。

一番最初に作った処女作、残念ながら写真が残っていないので披露することができないのですが(例え写真が残っていても載せないと思う)まあクオリティーの低いこと低いこと。

必要な道具もちゃんと分からないまま勢いで電車を乗り継いで日暮里へ向かい店員さんに聞きながら道具を揃えたのを今でも鮮明に覚えています。

間違いなくもう少し下調べを行ってから始めるべきだったと思います。

今では販売できるまでには一応なっておりますが、まだまだ技術的にも未熟です。

 

 

いつになるか分からないのですが、レザークラフトを始めたい!!

と思っている方の後押しをできるように技術や、知識を教えていけるような事がしたいと漠然と考えています。私は昨年までサラリーマンをしていましたが、もし好きなことで食べていければ誰もが幸せじゃないですか?レザーで食べていきたい人を後押しするお仕事をいつかはやってみたいものです。

 

コツを掴んでしまえばある程度の作品を仕上げることは可能です

 

中々敷居が高いと思われがちなレザークラフトですが、コツさえ掴んでしまえばある程度一通りのものは作れるようになります。そのコツっていうのも自分の中ではものすごく簡単で「直線」「曲線」をきれいに裁断することが出来るっていうことがまず第一段階です。

ただこれも直線=定規を使う、曲線=何度か練習して慣れる(曲線を綺麗にきるのは多少慣れが必要)

 

曲線に関しては一時間練習すれば大分上達すると思います。ここまでを見るとそこまで難易度は高くないですよね?実際にその通りなのです。

このコツを知っているか知らないかで大分作品の仕上がりが変わってくるのですが、自分の場合はこの簡単なコツに気が付くまで半年位かかりました。

例えばそれを初めから教えてくれる人がいればいかがでしょうか。

誰もがレザークラフトマンになるために購入する「革包丁」は不要

 

「革包丁」

使いこなしている姿が職人らしくかっこいいんです。私も最初に購入して今では2本押入れに眠っています。

初めに言っておきますが「革包丁」を否定している訳では決してありません。もし使いこなせるのであれば革包丁の方が優れていると今でも思っています。

私自身が何を使っているのかというと

誰もが使用経験があるだろう「カッターナイフ」です。

大きなホームセンターでカッターナイフのコーナーを見たことありますか?そのコーナーには刃幅も選択出来、用途によって選べ、刃の角度まで選択できるとにかく量が多いこと多いこと。

 

使うメリット

 

革包丁もカッターナイフも同じですが、使っていると切れ味がどんどん悪くなってくるのです。この切れ味の悪くなってくるスピードが毎日使用していると物凄く早くなってきます。一日使ったら刃へのダメージはかなり大きいです。

それを改善するために革包丁の刃を都度研がないといけないですよね?

この包丁研ぐ作業が時間もかかる上に、かなり手も汚れるんです。始めのうちは小一時間かかっていました。

研いでは試しにカットしてを繰り返していくのですが、性格的にとことんやるタイプのため終わりが見えなくなってきてしまいます。もっと切れるようになる、もっと切れるようになると思い研ぎ続けを繰り返し‥‥‥。

 

気づいたら数時間と時間が経過していることがありました

普段使わない腕の力も使うのでかなり疲労感がでてきます

 

ではカッターナイフの場合は如何でしょうか?

ペンチやヤットコで刃先を折ってしまえば完了。

所要時間1分未満です。

 

暇なときは革包丁でも平気でしたが、いざ注文が増えてくると包丁を研いでいる時間が勿体無く感じてきてしまいます。

そこからはもうずっとカッター派です。切れ味が悪くなればポキッと刃を折るだけ。

 

同業の大先輩の方々からお叱りを受けるかもしれませんが、断然カッターナイフの方が効率が良いです。革包丁は裁断する時の刃先の角度が安定しなかったり、使いこなすにはかなりの時間が必要です。

では、使いこなせてなければ職人としてはまだまだ未熟と言われるかもしれませんが、今の「カッターナイフ」のクオリティーとコスパの良さ、これは凄いです。

革包丁のケアに時間をかけるのであれば別のことに時間を使った方が賢い。革包丁を使いこなせずにレザークラフトを辞めてしまう人も結構いるみたいです。であれば一度カッターナイフの使用をお勧めします。

 

私の使っているカッターナイフはOLFA社のカッター、刃は特選黒刃です。

 

色んなご意見があるのかと思いますが、ぜひ一度お試し下さい。

 

 

 

関連記事

  1. Blunoで採用している ”手縫い” の特徴

    2018.04.6

    Blunoで採用している ”手縫い” の特徴

    こんにちは。Blunoのunoです。今日はBlunoで採用しています手縫いについて…

    Blunoで採用している ”手縫い” の特徴
  2. F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です

    2018.04.13

    F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です

    こんにちは。Blunoのunoです毎回制作中の状況を写真に収めるようにしているのです…

    F様オーダー大容量Long wallet(長財布)を制作中です
  3. キーリングを作りました

    2018.07.24

    キーリングを作りました

    お久し振りになります。Bluno店主unoです。鎌倉は長谷…

    キーリングを作りました
  4. 革のしおりにニーズはあるのか

    2018.07.27

    革のしおりにニーズはあるのか

    こんばんは。Bluno店主ウノです。本日は昨日とうって変わってと…

    革のしおりにニーズはあるのか
  5. 真鍮の金具を選ぶ理由

    2018.04.7

    真鍮の金具を選ぶ理由

    レザー製品を制作していると必ず”金具”が必要になる場面に出くわす。例えばショルダーバックのストラ…

    真鍮の金具を選ぶ理由
  6. Blunoで使用しているイタリアンレザーについて

    2018.04.5

    Blunoで使用しているイタリアンレザーについて

    こんばんはBlunoです。今日も茅ヶ崎のアトリエから配信しています。海風が心地よい1…

    Blunoで使用しているイタリアンレザーについて
  7. イヤホンホルダー、コードホルダーを作成しました

    2018.07.25

    イヤホンホルダー、コードホルダーを作成しました

    こんにちは。Blunoのウノです。最近は鎌倉、片瀬江ノ島近郊によ…

    イヤホンホルダー、コードホルダーを作成しました
  8. 神奈川県茅ヶ崎市とはどんな街?

    2018.08.1

    神奈川県茅ヶ崎市とはどんな街?

    こんにちは。Bluno店主ウノです。本日は今準備している教室の場所となるであろう茅ヶ…

    神奈川県茅ヶ崎市とはどんな街?
  9. 新たな試みの準備中です

    2018.07.27

    新たな試みの準備中です

    こんにちは。Bluno店主ウノです。めっぽう涼しくなり、このまま秋が…

    新たな試みの準備中です
PAGE TOP